めるろくび~まめ

チョコラブのめると六花(ロッカ)と私の日常を綴っていきます。そして、フレブルのまめ蔵とチョコラブのVIVOが仲間入りです。



Calender

08 | 2006 / 09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

ともこ

Author:ともこ
ラブと暮らし始めて今年で12年。
「いつまでも元気でね」
と声をかければ
「おまえもなっ!」
と言われそうで怖い。
最近は膝がギシギシいう。


空へ


いくつになったの


FC2カウンター


最近の記事+コメント


ブログ更新!


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


カテゴリー


ブログ内検索


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する


月別アーカイブ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


下痢は良くなりましたm(__)m
夕べ、また下痢かもしれないと思っていたが
無事に朝を迎えることができた。

3匹ともリラックスで眠っていた。よかった。
IMG_6505.jpg

IMG_6500.jpg

IMG_6498.jpg


朝のうんPはコロッとしたヤツがでた。
でもめるのは、血液色だった。

夕方のブツは形も色もいいかんじ♪
大腸炎用のフードを食べてから、3匹で遊んだ。

IMG_6511.jpg

IMG_6512.jpg

IMG_6509.jpg


静止画像は、あそんでないじゃんって感じですね。
動画も編集しました。




スポンサーサイト


下痢
明け方4時、急にめるが吠え出した。
眠い目をやっと開けて、「しずかに!」といって
また布団をかぶったが、また吠えた。尋常じゃない吠え方だった。

ケージをあけてあげると、飛び出してきて
走ったとおもったら、急に止まった。
まだ暗がりだったが、ぼんやりシルエットがみえる。
と、ぷ~~んと臭ってきた。うんPだ(ーー;)
まめのサークルの前でお漏らし。
それでもまだ落ち着かない。
おなかが痛いのかもしれない。

外に連れ出すと、いきなり、放出した。
暗いので見えないが音でわかった。
ココだろうと思うところに水をかけて家の中に戻った。

室内トイレのにも下痢っぽいうんPがあった。
こっちは六花だ。めるろくに下痢止めを飲ませた。
後始末をしてまた眠る。

朝、まためるを外に出す。
また下痢、最後は血、血便です。
また水で流して、家にはいる。
悩んだ挙句、ご飯をいつもの半量あげ下痢止めのます。

落ち着いてるようなので、仕事へ出かけた。
昼休み、帰宅すると、くっさ~~い。
2匹はケージに入っているが、両方とも
お漏らししている。
六花のケージには、めるが飛ばした下痢Pがあった、
六花自信のお漏らしもあって、最悪だよ。

後片付けはせず、一頭づつ病院へ連れて行く。
1頭づつの理由は、病院の待合室が非常に狭く
2匹を連れて行くとかなり迷惑なのだ。
この病院は昼休みなしで見てくれる。
早く、注射をしたほうがいいとおもい連れて行くことにした。
めるは微熱で症状も六花より少し悪いらしい。
六花は、熱も38.5度で、元気いっぱい。

帰宅後、掃除を始めたが、終わるまで2時間くらいかかった。
もう下痢は、大変です。

下痢の理由をハッキリさせるため
今度検便をしてもらうつもりです。

今晩は、何事も起こりませんように・・。

IMG_6434.jpg


IMG_6436.jpg




最近のまめ蔵
ここのところ、訓練所帰りの六花のこと
ラブのオフ会のことなどで、影の薄いまめちゃんでした。

でも彼もしっかり大人になっています。
IMG_6423.jpg

IMG_6421.jpg


ごはんを食べた後、3匹をフリーにすると
めると六花はまだ食事をしているトーサンの足元まで近づいている。

きっちり、最前列でお皿、お箸、くちもとを凝視。
熱視線はごちそうさまをするまで、延々とつづいちゃう。
IMG_6426.jpg



そのころ、まめは、六花の背中にしがみついている
これは、最近のまめの、マイブームのようです(-_-;)
IMG_6428.jpg


そして、次の日の朝の食事のときも
こなきじじぃのおんぶおばけに変身していました。
IMG_6429.jpg


フレブル | 2006/09/26 23:52 | コメント(9)


ぶどう
今日、宅急便でぶどうが届いた♪

取り急ぎ、初めてぶどうを食べるまめ蔵をご覧ください。
六花のおまけ動画もあります。



箱を開けると綺麗な巨峰の房がたくさん入っていた。
IMG_6486.jpg


早速、ひとつを取り出してさっとお水をかけて
お皿に乗せた。
IMG_6489mini.jpg


もちろん食べ物なので、そして大好きなフルーツなので
巨峰の箱にがぶりよりするめるろくです。
そしてお決まりですが、味見。

IMG_6493.jpg

IMG_6494.jpg


まめは生まれて初めてのぶどうです。
どんな風になるのか、1粒あげてみました。

フレブル | 2006/09/25 23:09 | コメント(0)


やばいです
毎日、眠くてこうしんできません。
山中湖ぼけと言いたいところですが
ボケ~っとする暇がないほど、いろんなことがありました。

犬関係ではなく、ご近所、家族、仕事でだよ~~!

早く、写真を整理して、山中湖後半をUPしたいのにな。
IMG_6273.jpg


日記 | 2006/09/22 08:56 | コメント(3)


オフ会報告②
一日目、午後4時から、プールサイドに集合して
水泳部合宿になりました。

IMG_6283.jpg
↑いよいよ室内プールへ!みんな、「早く、ボール投げて~」なんていってるんでしょうね(^^)v
IMG_6288.jpg
↑プールサイドにいたパグちゃんです。
「メリーに首ったけ」に出ていたギブス犬を思い出すような雰囲気をかもし出してます。
実際水の中で上手に泳いでいました♪野次馬も集まってる(-_-;)
IMG_6281.jpg
↑みんな走り回る中、抱っこされる犬(^o^)/
IMG_6294.jpg
↑うるうる目で何を訴えてるの、ゆ~じゅ~。
IMG_6295.jpg
↑最年少、もうすぐ4ヶ月だった、マイロ弟のアンリ
リード着きながらぐんぐん泳いでました!
001_IMG_2335.jpg
↑でた~(*_*)めるです。8歳なのに張り切っちゃって・・。
002_IMG_2336.jpg
巨犬のゲン。温泉じゃないよ~、おほほ~。
007_IMG_2342.jpg
プールなのに、波打ち際があった。
波打ち際を取り仕切っていた、会津の殿(爆)
012_IMG_2348.jpg
またまた、める。だれかれかまわず、吠え立て、ボールやダミーを投げさせ、プールサイドからは飛び込めず、ぐるぐる走って波打ち際から入水、レトリーブしたおもちゃを十兵衛に口渡ししていた。

遊んでくれた皆様、お世話になりました。

六花が登場しておりませんが、プールに入ってしょっぱな、
るんるん水の中を走っていたと思ったら、水中の台が途切れて
そのままおぼれるように前足をばちゃばちゃ。
それっきり、泳ごうとはしなかったので、画像なし。



2006・癒しオフin山中湖わんわん倶楽部
去年、初めて参加した癒しオフ。
ラブを飼っているだけのつながりなのに
こんなに楽しいのは何故だろう!

ONLINEで話をして(BBS等)、オフミで実際に目の前でネッ友と話をすると
何のためらいもなく、大口を開けてゲラゲラ笑える。

今年はめる六花とわたしと3人だけでマッハ号で出かけた。
ひとりでめるろくを連れては無理かもと思ってたけど案外大丈夫だった。
六花は1ヶ月だけだけど
訓練を受けただけある。落ち着いて引っ張らずに
歩くことが出来た。

今年は山中湖にあるホテルです。
広いドッグランやでっかいプール。
まずはドッグランで体力を消耗させる。
IMG_6256f.jpg


IMG_6250.jpg


このあとCaroForestaのレストランでランチをすることになり
山中湖わんわん倶楽部から移動する。

カーロフォレスタ2Fのレストランでは参加メンバーのほとんどが集まった。
みんなそれぞれ自己紹介などしてるうちに
食事が運ばれてきた。
IMG_6260.jpg

IMG_6263m.jpg


この自己紹介のとき、サプライズゲストの発表があった(ーー;)
「ひろみさんのお散歩仲間のター坊です。どうぞヨロシク」と言っていた人。
その人はなんと四国の高知から参加された
ソラパパ&ソラママだ。あ~~、だまされた(>_<)
でも、コレがあるから楽しいんだよなぁ
去年は「きんちゃんママ」だったもんね

食事の間、めるろくは私の足元に寝て・・・
って、じっとしてるわけがない。
テーブルをガタガタ言わせて下を歩き回っていたが
やはり、疲れが出たのか静かに伏せていてくれた。

IMG_6268.jpg

IMG_6269.jpg


後半へつづく


今日の六花は
うちに戻ってきて2日半。
だんだん、もとの六花にもどりつつある。

一日中、一緒にいてあげられれば
もう少し早く元気になるのかもしれない。

職場の友人が、お昼休みにうちに来てくれた。
六花をみて、なんだか心を閉ざしているみたいといった。
胸にぐさっときた。

天才志村動物園のアニマルコミュニケーターの話をみた別の友人は
「六花にひとりぼっちにしてごめんね」と心から謝れといった。
正確にはひとりぼっちじゃないけどね。
これも、こころにぐさっときた。

夕べ六花の首にてを回し、
「六花ちゃん、ゴメンね、訓練所は怖かったの?
さびしかった?もう行かなくてもいいからね、ゴメンね」
と言ってみた。
なんだか、しっぽが上がってゆらゆら揺れたような気がした。

今日は、「六花」と呼ぶと、とっとっとと、小走りで足元までやってきた。
わたしも、少しすっきりした。

IMG_6219.jpg


めるにはちょっかいを出す回数が増えている^^;
マウントしてはめるにガウッといわれている。
少しずつ、前の生活に戻ってるようだ。よかった。

IMG_6220.jpg


まめの胸と肘の保護着を手直ししてもらった。
柔らかくて、着せやすく、まめの変色した皮膚のところが
綺麗に隠れるのだ。良かったね。
ナイアディーズ10さん、どうもありがとう♪

IMG_6223.jpg




SMAPin国立競技場
昨日の午後は、友人4人で国立競技場でSMAPを見に行った。

午前は訓練所に行って汗まみれで六花を引き取り
帰宅、シャワーを浴びる暇もなく
べとべとのまま、着替えて電車でGO!

会場も蒸し暑く、汗汗汗の一日だった。
ナカイ君はあしを怪我して踊れず
キムタクは前を素通りで、唯一ゴローちゃんと
目が合って、悲しいようなうれしいような・・・。

不満がのこったなぁ。

今年のペンライト
IMG_6214.jpg

去年のペンライト
IMG_6215.jpg


連れて帰った六花は、自宅階段を下りられず、なんで(+_+)
死にそうなくらい怖いようだ。
ただ、よその階段は降りられるかもしれない。

かえってきたばかりだからなのかもしれないが
訓練に行く前の六花とは別犬になってしまったようだ。

しっぽは真下に下がったままで、しっぽの先は
常に床を指している。
「六花~」と呼ぶと、下を向いたしっぽの先だけが
ゆらゆらとゆれるだけ。きっと、うらんでるんだろうな。

呼ぶとふっとんで、そばにやってきていたが
じっと顔をみて、そばにはやってこない。
不安そうなめをしてるみたい。

ただ、わたしが部屋の中を動くと
ついて来る。それは前のままだ。
IMG_6216.jpg



キーボードに向かうと足元に寝そべる
コレも前と一緒、ちょっと救われる。

動きや瞬発力は激しい六花だけど
素直でひたむきな性格だと思っている。

訓練所にオキザリにしたことに傷ついてるのかも知れない。

めるは六花が帰ってきたのがうれしいようだ。
何も言わないし、態度もしつこいのはいやというように
そっけないが、そばに来る六花から離れようとはしないなぁ。

IMG_6209.jpg



六花が帰ってきたら、またうるさくなると
思っていたけど、そうでもなかった。
それが、またさびしい。
六花のことが心配でなきそうになる。

もう階段なんて降りられなくてもいいや!



面会
今日は、び~ぼと六花を訓練所に預けてから
初めての面会日だ。

9時30分過ぎに家をでて訓練所に向かったが
途中、渋滞があって40分くらいかかった。

訓練所についたのは10時30分近くなってしまった。
もうすでに、預かり訓練中の飼い主さんたちが
たくさん来ていて、号令のかけ方
命令に従わなかったときの、細かいテクニックを
先生から、厳しく指導されている(人間が)
IMG_6191.jpg


先生が、び~と六花を連れて2頭引きで
運動場を1週して見せてくれた。

六花はガンガン引っ張ってしまったので
厳しくチョークをかけられていた。
び~のしっぽは高く上がって、楽しそうに左右に揺れていたが
六花はわたしやトーサンを目で追いつつ
先生に従おうとしていたが、しっぽはさがったまま。
なんだか、可哀そうになってしまった。

そのあと、1頭ずつの指導となったが
まずは六花。
私がリードを持つと、飛びついて顔をなめようとした。
本当は、わたしも六花とハグして
ほっぺにチューしたかったけど
飛びつかせちゃいけないのかなと迷い
六花を無視してしまった。ごめん。

脚側行進、待ての号令をかけてみた。
先生は1ヶ月だから、きっと出来ないけどやってみてといった。

やってみた。できちゃった。
待ても動かずに待っていられた。
信頼関係が構築されているからではなく
暑くて、六花がへばっていたおかけだ(爆)

そして、階段の練習
登りも、くだりも上手に出来た、よっし!!

つぎはび~ぼの番だ。
出てきてすぐ、飛びついてきた、かわいい。
六花のときは、無理やり座らせたが
び~は可愛くて、ハグしてしまったよ。あはは~
とってもよろこんで、脚側行進が出来た。
左足の膝に頭をくっつけて離さない。すごいね~。
IMG_6198.jpg

IMG_6205.jpg


び~とトーサンを一緒に歩かせて
後ろから動画を撮ってみた。






父の愛は山より高し
9月4日、5日と通夜告別式があった。

わたしの母の姉が81歳で亡くなりました。
肺炎をこじらせて、1週間入院の末、
9月2日、帰らぬ人となってしまった。

伯母の嫁ぎ先の宗派は天台宗だそうだ。
天台宗の葬儀にでるのは、初めてです。

なんでも、日本に頂点に立つのが天台宗だそうで
本山は比叡山、延暦寺だそうです。

サンスクリット語で唱えるお経は不思議な感じでした。
しかし、お経の間にわかりやすい言葉で
この世の無常やなくなったあとの魂についてなどが
織り込まれて、つい耳を傾けずにはいられませんでした。

「父の愛は山より高し、母の愛は海より深し
 母は子に180石の乳を飲ますという」
などなどです。うんうんそうねとうなずくことが多かったです。

お経のあとの法話も、この世に生を受け
その生を全うし眼をとじ、その唇から言葉が聞かれなくなり
仏様の胸に抱かれるときには
苦しみや悲しみから解き放たれると・・。
過去のことや未来のことを思い悩むより
今を生きる。この世で人のためになることを
行うようにしましょう。
人間の身体は、この瞬間も細胞が死に
また新しい細胞が生まれて生きている。
今、このときを一生懸命生きることが大切なのです。

とざっとこんな感じだった。

う~~ん、なにかと同じような気がすると思ったら
犬の生き方でした。昨日の出来事を悔やむことなく
明日のことを不安に思うことなく
ただただ、飼い主だけを見つめ今を生きていると
なにか、どこかで聞いたことがあったと。

犬だって、人だって、虫だって生きているんだもんね。
この子たちも必死で今を生きている。がんばれ!
puppy5.jpg



その夜、久しぶりに金縛りにあった。
なんだったんだろう・・・。


hasu-2.jpg


日記 | 2006/09/06 22:19 | コメント(12)


残念です
もうご存知の方はたくさんいらっしゃると思います。

大切にしている家族が突然目の前からいなくなり
やっと見つけたとおもったら、助けてあげられなくて
やっと胸の中に戻ったときには息も出来なくなっていたとしたら・・。

連れ去られたフレブルの百代ちゃんんと
その飼い主さんの悲しい出来事です。
人間のしでかした事件ですが、その瞬間は鬼だったのだろうと・・。
ヒトとしての感情はなくしていたとしか思えません。

自分のことに置き換え、肝に銘じなければいけないと
せつに思い、飼い主さんの後悔と悲しみをびしびし感じています。


まだご存じない方はコチラ↓をごらんになってください。
puri☆pochi life!!
茶々ママさんのブログ
百代ちゃん捜索に奔走された方のブログです。



百代ちゃん、虹の橋の向こうでお友達に会えた?
楽しく遊んでね。

minnaisiyo.jpg


フレブル | 2006/09/03 00:52 | コメント(6)


すいかわり
仕事場の暑気払いバーベキュー大会があった。

暑気払いというには、ココ何日かはさわやかな風が吹いていたが
開始時間午後3時だったので、暑いのには変わりない。

いろんなお肉や秋の味覚さんまやいか
大アサリなど焼いてもらい、私はというと自分用の椅子にすわり
社員のお子さんを使いっぱにし、焼けた食材を運ばせては
舌鼓をうって楽しく過ごした。

バーベキューのメインイベントはすいかわり。
お子ちゃまたちは、大喜びで、なんどもスイカわりにチャレンジした。

NEC_0010.jpg


NEC_0008.jpg


NEC_0013.jpg


NEC_0009.jpg


すいかわりの最後を締めくくったのは
取引先の○○さん。目がパッチリしていて
エマニュエル坊やに似ている。
画像がぶれているため、モザイクせずにすんだ。


NEC_0014.jpg


帰宅は午後9時半。
めるとまめはご飯を食べさせてもらえずに
腹ペコで待っていた。ごめんね
IMG_6134.jpg


日記 | 2006/09/02 22:59 | コメント(2)


 + 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。