めるろくび~まめ

チョコラブのめると六花(ロッカ)と私の日常を綴っていきます。そして、フレブルのまめ蔵とチョコラブのVIVOが仲間入りです。



Calender

08 | 2006 / 09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

ともこ

Author:ともこ
ラブと暮らし始めて今年で12年。
「いつまでも元気でね」
と声をかければ
「おまえもなっ!」
と言われそうで怖い。
最近は膝がギシギシいう。


空へ


いくつになったの


FC2カウンター


最近の記事+コメント


ブログ更新!


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


カテゴリー


ブログ内検索


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する


月別アーカイブ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


父の愛は山より高し
9月4日、5日と通夜告別式があった。

わたしの母の姉が81歳で亡くなりました。
肺炎をこじらせて、1週間入院の末、
9月2日、帰らぬ人となってしまった。

伯母の嫁ぎ先の宗派は天台宗だそうだ。
天台宗の葬儀にでるのは、初めてです。

なんでも、日本に頂点に立つのが天台宗だそうで
本山は比叡山、延暦寺だそうです。

サンスクリット語で唱えるお経は不思議な感じでした。
しかし、お経の間にわかりやすい言葉で
この世の無常やなくなったあとの魂についてなどが
織り込まれて、つい耳を傾けずにはいられませんでした。

「父の愛は山より高し、母の愛は海より深し
 母は子に180石の乳を飲ますという」
などなどです。うんうんそうねとうなずくことが多かったです。

お経のあとの法話も、この世に生を受け
その生を全うし眼をとじ、その唇から言葉が聞かれなくなり
仏様の胸に抱かれるときには
苦しみや悲しみから解き放たれると・・。
過去のことや未来のことを思い悩むより
今を生きる。この世で人のためになることを
行うようにしましょう。
人間の身体は、この瞬間も細胞が死に
また新しい細胞が生まれて生きている。
今、このときを一生懸命生きることが大切なのです。

とざっとこんな感じだった。

う~~ん、なにかと同じような気がすると思ったら
犬の生き方でした。昨日の出来事を悔やむことなく
明日のことを不安に思うことなく
ただただ、飼い主だけを見つめ今を生きていると
なにか、どこかで聞いたことがあったと。

犬だって、人だって、虫だって生きているんだもんね。
この子たちも必死で今を生きている。がんばれ!
puppy5.jpg



その夜、久しぶりに金縛りにあった。
なんだったんだろう・・・。


hasu-2.jpg


スポンサーサイト
日記 | 2006/09/06 22:19 | コメント(12)


 + 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。