めるろくび~まめ

チョコラブのめると六花(ロッカ)と私の日常を綴っていきます。そして、フレブルのまめ蔵とチョコラブのVIVOが仲間入りです。



Calender

02 | 2011 / 03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

ともこ

Author:ともこ
ラブと暮らし始めて今年で12年。
「いつまでも元気でね」
と声をかければ
「おまえもなっ!」
と言われそうで怖い。
最近は膝がギシギシいう。


空へ


いくつになったの


FC2カウンター


最近の記事+コメント


ブログ更新!


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


カテゴリー


ブログ内検索


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する


月別アーカイブ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


今日から
仕事復帰します。

IMG_4912mini.jpg

スポンサーサイト
未分類 | 2011/03/31 09:16 | コメント(7)


3月28日空へ
moblog_f75bb289.jpg


いただいたお花をび~の棺にいれたくて
花籠から一輪ずつあつめて
短く切って用意した。

moblog_b62a5890.jpg
↑お古が多いび~のシャツだけどこれはび~のために
キングママに作ってもらいました。
momのブランケットをかけておくりだしました。


moblog_265ef8cd.jpg
↑気が付くとび~のそばに六花がいます。
うしろのふとん等はみなかったことにしてくださいね。


2時頃び~を連れて
お散歩した用水路や
公園のドックランの横を通り抜け
火葬場へ向かいび~を預けて支度をしてもらいました。

moblog_b6eb6f34.jpg


「び~ぼちゃん、可愛いお顔ね、本当に可愛いね」とび~に語りかけながら
丁寧に優しく準備してくれました。
午前1組、午後1組だけなので
家族だけで時間をたくさんかけて
び~をなでてやることができました。

鈩の扉がしまるときは苦しく
身が引き裂かれるとはこのことなんだと思い知りました。

また、ごめんねと何度も言ってしまったけど
1度だけだけど「ありがとう」と心からいうことができました。

骨になったび~ですがどの骨もとっても可愛いと感じました。

「これは指の骨よ」
「これはしっぽのよ、可愛いでしょ」
と優しい応対に救われました。

moblog_2fc35ede.jpg

moblog_fe86d7b2.jpg



きれいなお花を送っていたたき本当に本当にありがとうございました。
そして、たくさんのこころあたたまるコメントをいただきました。
び~のこともですが、わたしのことも心配してくださり
ほんとうにほんとうに救われています。
ありがとうございます。

気持ちにひとくぎりをつけて、いつもの日常に戻して行きます。

めるですが、毎日きちんとご飯をたべています。
うんちもいいかたちです。お散歩も自分でゆっくり歩いています。
そして、昨日の夜は、ずっとたべていなかった
モッピーのカリカリをそのままバクバクたべました。
おどろきです。

び~がのり移ったのかとおもいました。

び~が助けてくれているとおもいます。






誕生日

具合が悪くてしてあげられなかった誕生日。

今日でお別れだから
び~に会いたいと言ってくれた
アッコちゃんにお願いして
ケーキを買って来てもらった。

び~ちゃん、5歳の誕生日おめでとう。
アッコちゃんにいっぱいなでてもらった。

わたしもいっぱいなでて
いっぱいいっぱいチューをして
いっぱいいっぱいクンクンした

胸の中がび~の匂いでいっぱいになった。



10日だけ5歳
17日が誕生日。10日だけしか5歳でいられなかった。

病院からび~を連れて帰ってきて
和室にび~を寝かせた。

ただ眠っているだけのようです。
ほんのり暖かさが伝わってきました。

317命日

午後になりお花とお線香を用意した。

2時過ぎにキングママ、ヒロコさん、mom、nokoさんまで
わざわざ遠い道のりを足を運んでび~に会いにきてくれた。

夜にはセナママとぷぅちゃんのママもあいに来てくれた。

そして、び~の枕元がお花でいっぱいになった。

moblog_7c0df453.jpg

たくさんのお花をみたトーサンは
「び~はしあわせだな」「これからは散歩にいかれなくなる」と
泣いていました。

長男は「帰宅後、び~のそばで鼻をぐしゅぐしゅして添い寝していました。

ま○みはずっとび~のそばにいます。

び~は特別なこだったのだとあらためて感じます。
(めるも六花もまめも特別ですが・・・)

六花はび~のママです。び~のそばに誰もいないとき
そばに行って、顔をぺろぺろして
すぐそばに座って、くぅ~んとないていたそうです。
(でも、いやたれ組みがいたときはうれしくてどたばたしてび~を踏んづけてました・汗)
六花のおかげでわははと笑うことが出来ました。

び~は生まれた時からずっとわたしの天使です。


コメントをくださったみなさま、かぎこめさま

ご心配ありがとうございますm(__)m

自分をせめていないとやってられないのです。
自分のせいといわないと、ほかの人をせめてしまいそうなのです。
もうちょっとはごめんねばかりいうと思います。

心の底から「ありがとう」といえるのはもうちょっとさきになりそうです。
今はび~に家族に「ごめんなさい」の気持ちでいっぱいなのです。

みなさまの暖かい言葉に救われる思いでいっぱいです。




び~が
死んでしまいました。

大事な大事なび~を
私が死なせてしまったのです。

今日で手術から1週間でした。

26日の夜の療養食は食べました。
夕方の散歩でうんちは出ませんでした。

9時ごろソファで眠っていました。
でも少しだけ足が震えていました。
夜中(27日)の1時半ごろはいて
それから体中が震えて
2時すぎには壁に寄りかかるように立っていました。

ただ吐きたい、気分が悪いかんじではなく
目がうつろな感じがして、死んでしまうと思いました。


すぐに病院へ連絡し3時前には連れて行きました。

唇も舌もしろく貧血のようでした。

血液検査の結果は、数値は悪くなかったようです。

び~のからだの中で何がおこっていたのか
しりたいです。
でも、び~は戻ってきません。

ごめんね びぃび
  




一進一退



24日に退院できました。

夜ご飯から家で療養食になりました。

食べたあと、すべて吐いてしまった。
そのまま眠って朝になり
トイレでオシッコをしたら
最後に血がポタポタ。
また病院で診察を受けた。
術後の抗生剤を飲んでいるので様子見になる。

昼、療養食を食べ少し水を飲む。

夕方、義母の「しんじゃうよ~」騒ぎで
急いで家に帰ったけど
び~を車に載せたままにした。

そうしたら、毛を剃った胸から流血。

もうまいる。



夜の停電


ランタンとキャンドルですごす。

目が慣れてくると案外落ち着く。

やまのりちゃん、ありがとう!

び~がいないから余計にしずかです。

娘は、入院しているび~は「捨てられた」と思ってると
本気で心配している。

早く元気になってくれ~



面会

お昼前、び~に会ってきました。

「び~ちゃん」と声をかけると
すっと立ち上がってしっぽを振ってくれました。

び~のお腹につまっていたのは
私の靴下の片方で
かなり前(1月くらい)に見当たらなくて
4匹のなかでは靴下を
チュパチュパするのはび~だけ…。
切除した腸を観察すると
靴下が腸で何日間か前に進めなく
その部分の色が悪く、ちょっとよい部分
また先に進めなくなって悪い色
ちょっと進んで良い部分。

それが何ヵ所もつながっているので切除が長くなってしまったという次第です。

16日から、大量に吐き出し
毎日、診察は受けていましたが
計画停電が重なったりで
手術が20日になってしまったのは私の判断ミスかもしれません。
早く転院すれば切除が少なかったかもと思うと
後悔の思いばかりがあふれてきます。

でも、はやく手術できたとしても結果に変わりはないかもしれません。
ただ、び~の健康を守れなくて
危険にさらしてしまって…。

び~、ごめんなさい。



手術

終わりました。

小腸を30以上切り取ったそうです。

しばらく入院になるので
今日は窓こしにみました。
甘えん坊だからです。

とりあえず、生きててよかった…。



び~、入院


小腸付近でなにかがつまっているようです。

夕方6時から手術です。

めるはご飯をちゃんと食べて
わりと元気に過ごしてます。

やっぱりすごいめる、鉄のオンナ。



明日から

停電だって

大丈夫、たったの数時間だよ。
寝てればすぐ終わる。
BY六花



地震

皆さん、大丈夫ですか?

こちら、さいたまのめるろくび~まめ地方、我が家は無事です。

家の中の被害はお茶碗が1個割れました。

今日は義父の入院の日で仕事は休みでよかったです。

病院の帰りにレイクタウンで昼食中に激しいゆれに会いました。

テーブルの下に避難したけど
照明の傘が落ちてきてこのまま閉じ込められるかと思い
うちに残した犬たちが心配でドキドキしました。
被災地のみなさんにお見舞い申し上げます。
激しくゆれた被災地のわんこたちはどうしているでしょう。

津波に飲み込まれたりしてないことを願います。

めるはゲボっていました。



疲れる



車にのせて目的地に近づくと
激しく吠えるめる(汗)

うるさいのは気にならないけど
そのあと倒れこんでしまう。

静かにしてくれれば苦しくないのに…。

でも食べてくれているので
まだ安心。


頂き物をした。
ビスケットにすいかです。
めるに食べさせてと送ってくれました。

ありがとう、ありがとう、ありがとう。

めるのためにありがとう(涙)



術後1年目の健診



手術から1年たちました。

今日は健診に行ってきました。

体重は22.1kgで全快の体重より300g増えた。
貧血は31.6%であまり変わらず。

エコーの結果は血管肉腫のほうが正常な肝臓部分より
かなり多くなってしまっている。

それなのに黄疸の数値はまだ正常範囲内です。

めるの身体はどうなっちゃってるのでしょう???

めるって魔女かもと先生と笑いました。

2月23日くらいから、ドックフードを食べられてます。
う○ちも相変わらず、いいかんじで良い形です。

あ~、それから肺に転移は見られないようです。
腎臓も機能しています。
消化器のあたりもまだ大丈夫だそうです。

先生からは、次の目標はどうしますか?
夏の旅行かな~~といわれましたが
高望みはしませんよ。
まずは、お花見で、4月を迎え
そのあとは5月20日の誕生日を迎えること。

この病気にしては、かなり頑張ってます。

えらいなめる。

余談ですが、昨日事務所に仕入先の担当の方が
遠方からやってきました。
その方は若くてイケメンです(笑)

めるは事務所の中でフリーなので
だれかくると玄関までお出迎えに行くことがあります。
イケメンにもお出迎えし、なでてもらったら
足元に寝転んで動きませんでした(汗)

もうすぐ13歳のおばあちゃんワンコでも
若いイケメンがすきなのね~~

こういう刺激があるから頑張れるのかもしれない。

さすがめる。ぷぷ。

※写真が病院帰りに寄った公園です
 あごの皮が飛び出てますね。
 しこりみたいだけど、のびた皮です(爆)

病気 | 2011/03/06 15:08 | コメント(9)


食欲続く

毎日、ドックフードを食べてくれてます。

食べる量はむらがあるけど
半生タイプに缶詰めフードを混ぜると食べるんです。
う○ちだってとても良いかたちです。

身体に力も出てきたようで足取りも軽やかに見えます。

肝臓の転移の血管肉腫が消えたのか!
と思いたくなってしまいます。

1年前は、脾臓に癌があると診断を受け
手術を受けても、試験開腹になってそのまま閉じるかもと言われたのでした。

飼い主として、できる限りのあらゆる治療をしたわけではないけど…。

本当にお花見ができるかもしれない(涙)



 + 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。