めるろくび~まめ

チョコラブのめると六花(ロッカ)と私の日常を綴っていきます。そして、フレブルのまめ蔵とチョコラブのVIVOが仲間入りです。



Calender

05 | 2017 / 06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

ともこ

Author:ともこ
ラブと暮らし始めて今年で12年。
「いつまでも元気でね」
と声をかければ
「おまえもなっ!」
と言われそうで怖い。
最近は膝がギシギシいう。


空へ


いくつになったの


FC2カウンター


最近の記事+コメント


ブログ更新!


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


カテゴリー


ブログ内検索


最近のトラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する


月別アーカイブ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


残念です
もうご存知の方はたくさんいらっしゃると思います。

大切にしている家族が突然目の前からいなくなり
やっと見つけたとおもったら、助けてあげられなくて
やっと胸の中に戻ったときには息も出来なくなっていたとしたら・・。

連れ去られたフレブルの百代ちゃんんと
その飼い主さんの悲しい出来事です。
人間のしでかした事件ですが、その瞬間は鬼だったのだろうと・・。
ヒトとしての感情はなくしていたとしか思えません。

自分のことに置き換え、肝に銘じなければいけないと
せつに思い、飼い主さんの後悔と悲しみをびしびし感じています。


まだご存じない方はコチラ↓をごらんになってください。
puri☆pochi life!!
茶々ママさんのブログ
百代ちゃん捜索に奔走された方のブログです。



百代ちゃん、虹の橋の向こうでお友達に会えた?
楽しく遊んでね。

minnaisiyo.jpg

スポンサーサイト

フレブル | 2006/09/03 00:52 | コメント(6)




ちゃなっち
コメントありがとうございます。

うちはね、めるろくび~まめをいつも
擬人化して人間扱いしちゃいます。
百代ちゃんの飼い主さんもわが子を亡くしたように、いやそれ以上に
悲しいとも悔しいとも言いようのない
モノが胸の中に詰まっていると思っています。

同じようなことが他の飼い犬に怒らないように切にねがうばかりよね・・。
ともこ | URL | 2006/09/04 23:02 [編集]


おふみさん
犯人の女には子供もいたのよね

この女に子供を育てる資格はないと
だれでも思うことだけど
それでも、子供がいるからと
一緒に自宅に帰されたそうです。

精神的に追い詰められたら・・と
怖いことも考えずにはいられないです。
ともこ | URL | 2006/09/04 22:56 [編集]


MOMちゃんへ
百代ちゃんがラブラドールだったら
結末は違ったかも知れないよね。

でもさ、ラブの連れ去りもあったよね。

そして、ゴルフクラブで殴られて逝ってしまったゴルちゃんのことも忘れないわ。

リンのように救われる子もたくさんいるのに、ホントに悔しいわ、百代ちゃんのこと。

今後の成り行きも注意しておかないといけないと思います。

ともこ | URL | 2006/09/04 22:54 [編集]



わたしもビックリしました。
飼い主さんは すごく後悔されてるでしょうね。
目を離したほうが悪い…
確かにそうかもしれません。
でも、他人の大切な家族を連れ去り
そして、命までも絶ってしまう。。。
そんな行為は許されません。
人が人を簡単に殺める世の中
もっと命の大切さ 尊さを 分かってほしいです。
こんなカタチで虹の橋を渡ることになっってしまった百代ちゃん…
二度と同じ事が起こらないことを願い
ご冥福をお祈りします。

ちゃなっち | URL | 2006/09/04 13:51 [編集]



びっくりしました。
なんといっていいのかわからないというのが本音かな?
子供の誘拐もそうだけどちょっと眼を離すとこういう惨事になる国になったってことが親でもある私には悲しいです。
人間の命も動物の命も重さは変わらないのにいとも簡単に消されてしまう世の中、なんとかしないといけませんね。
百代ちゃんのご冥福をお祈りします。
おふみ | URL | 2006/09/04 10:03 [編集]



ともこさん・・
ラブ飼いに慣れるとフレブルなど小さな子や
他の犬種の扱いをお勉強するのもほんとに大変だよね・・
小さい子は「ひょい」と抱っこされればそれまで・・
「ぎゃんぎゃん」泣く子ならまだしも「豆」もそうだけど
おとなしいものね・・・連れ去ることはホントに簡単・・
人には常識や節度があると信じたい・・
でも、こういうことがあるとやっぱり警戒心をもって
ワンコをまもってやらねばならぬ・・そう思うね・・
出来るだけ外につれてってやりたい・・買い物ついでにいっしょにだって・・
だって出来るだけそばにいたいしいてやりたいもんね♪
でも・・そこに思わぬ危険が待ち受けてることを
肝に銘じなくっちゃいけないんだよね・・
ほんとに・・百代ちゃん・・
痛い怖い思いしただろうとおもうと胸がはりさけそうになる(TT)
mom | URL | 2006/09/04 09:42 [編集]




:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 + 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。